広告

筋トレ1年続けたら手首は太くなりますか!?

なーーーーる!!(ナカヤマキンニクン)

どうも、ただの腕時計好きな筋トレブロガーです。

まず断っておきますが、この記事はロレックス ディープシー 126660 D-ブルーのレビュー記事です。

皆さんの時計購入に、少しでもこの記事がお役に立てれば幸いです。

 

僕は2017年9月から近所のジムに入会し、筋トレを始めました。

2018年5月まで通っていた最初のジムにはバーベルがないため、ダンベルとマシンだけでトレーニング。

BIG3と言われるバーベルスクワット、デッドリフト、ベンチプレスはジムを変えた5月から始めました。

もちろん、この1年で体つきは少しずつ変化して、素敵なことに“今までの服が着れない”ということがでてきてます。

そして、あまり意識はしてなかったのですが、どうやら手首も太くなっているようです。

筋トレ開始前の僕の手首は15.5cm。過去のブログ記事にもそう書いています。

そして、現在が17cm。

ロレックスでいえば一コマ半、太くなっています。

特に前腕のトレーニングをしてたというわけでもなく(最近はハンマーカールもしてますが)

重たいものを押したり引いたりしていたら、自然と太くなったという感じです。

手首が太くなると、時計の趣味趣向にも影響がでてきます。

つい最近、僕が購入したのはロレックス 126660 ディープシー D-ブルー

でかい!でかいよ!(ケース径44mm)

キレてるよ!!(エッジが)

厚いよ!!(16mm)

並じゃないよー!(防水3900m)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

広がってるよー!絞れてるよー!(ラグ幅21→22mm、ラグが絞られています)

仕上がってるよー!!(針が長くなって端まで届いてます)

 

しかし、1年前までは「いやいや、デカすぎでしょ(笑)。ぷぷぷぷ(笑)」という感じでした。

はっきり言って、今もまだジャストサイズとは言えないと思います。

 

常にトレーニング可能(2駒外しで214g)

 

しかし、「この時計のようにデカくて厚みのある体(ケース)を作ろう!美しい筋肉のセパレーション(グラデーション文字盤)をだそう!」と筋トレに対するモチベーションが暴騰(デイトナの価格のように)しています。

では最後に、僕がいつも参考にしている加藤さんの前腕トレーニングを貼って終わります!さようなら!

 

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。