広告

パネライのクロノグラフはどうだ?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パネライの加熱しすぎたブームは過ぎ、逆に欲しい人にとってみれば購入しやすい相場になっています。なにしろ47mm定番中の定番のPAM00372が定価の約半値(50万円台)で購入可能なのです。

最近気になっているのはパネライのクロノグラフモデル。ダイバーズウォッチというパネライの本来のコンセプトからは外れますが、無骨なケースとクロノグラフの組み合わせは、結構イケてると思います。今回は2本をピックアップ。

まずは今年の新作モデルから

▶PAM000716(マーレノストゥルム アッチャイオ 42mm)

スクリーンショット 2017-07-27 19.06.32.png

1993年に発売されたRef.5218-301/Aの復刻版です。

Ref.5218-301/Aはパネライが海軍将校向けに開発したクロノグラフを1993年に再現したモデルで、いわゆる“プレヴァンドーム”。現在もプレミア価格で取引されていますね。それが1000本限定で忠実に復活するわけですから、人気でそうです。パネライらしくないデザインですが、他ブランドとも異なるデザインで独特の雰囲気がありそうです。

▶PAM00108

734783.png.adapt.1333.2000.png

パネライ×エル・プリメロ×AMGという現在では考えられない(現在、エル・プリメロのゼニスはLVMH、パネライはリシュモン、AMGはIWCとコラボ)組み合わせのクロノグラフ。2002年の限定55本(!)の希少モデル。

サイズも40mmでブレス仕様と丁度良いサイズ。赤い針がアクセントとなっていますが、フェラーリモデルと違い、AMGとのコラボとは一見わかりませんね。細かく見れば、12以外のインデックスのフォントはAMGのメーターと同じと思われます。AMG、エル・プリメロという希少性を除いても、時計としてかなり好みなデザイン。

ただ、希少モデルということもあり、実売価格は中古で160万円程度と高価。それでもブームの2008年頃には300万円以上で取引されていたようですから、これ以上価格が下ることはない?のでしょうか。いずれにしても数が少ないので、買える時が買い時なのかもしれません。

▶今までのパネライの実機レビューはコチラ

▶腕時計を売るなら一括査定が便利です。

【人柱レポ】ロレックス グリーンサブマリーナ116610LVを腕時計一括査定で見積もってみた。

高級腕時計の最高額がわかる一括見積り査定

 

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。