広告

僕が腕時計を買う時に大事にしている3つのこと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

“フェラーリ購入宣言”

はTwitterなどでも色々と応援の言葉をいただいて、正直驚いています。

フェラーリという“挑戦”に向けて今一度、僕が腕時計を買う時に大事にしていることをまとめてみます。

①見た目がいいか。

まずはデザイン、ファッションとのマッチング、ムーブメントの審美性などの外観の部分。ここで自分にビビッと来ないと購入の対象にはなりません。

②物語があるか。

分かり辛い表現ですが「メーカーの歴史」「時計の歴史」「ネームバリュー」「レアモデルで高値で取引されている」「ジェラルドジェンタのデザイン」などなど、“物としての完成度”以外の部分も重要だと考えています。

③自分を持ち上げてくれるか。

これは僕にとっては非常に大事で、“その時計を持つことで一つ上の自分になれるか”ということです。「僕はパテックフィリップのノーチラスを自分のお金で買った」というのは揺るぎない事実であり、その後お金に困って売却したとしても、それは変わりません。憧れの時計を購入するという“挑戦”を達成した時点で、買う前の自分を超えることができたんだと思います。僕にとって腕時計は「憧れの自分の分身」であり、結局手元に残っている時計は、ノーチラスやロイヤルオークなど限られています。おそらく自身のコンプレックスを反映しているのでしょう。

▶まとめてみましたが、非常に抽象的ですね。“腕時計好き”と言っても、人それぞれ腕時計に込める想いは異なると思います。僕にとっては自己啓発の意味が強いといえるでしょうか。そう考えると“フェラーリを買う”という行動自体に意味があるように思います。

▶腕時計を売るなら一括査定が便利です。

【人柱レポ】ロレックス グリーンサブマリーナ116610LVを腕時計一括査定で見積もってみた。

高級腕時計の最高額がわかる一括見積り査定

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。