広告

ノーチラスのラバーベルト、ショートサイズを購入。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

e58699e79c9f-2017-05-14-13-27-01.jpg

かねてよりの勘案だった、ノーチラスのベルト問題。標準はノーマルサイズのブラウンのラバーなのですが、一番小さい穴にしても、やや緩め(手首周15.5㎝)。そしてバックルが六時側に偏るため、装着感もあまり良くありませんでした。そこで、ショートサイズのラバーベルトをオーダー。

今回は同じブラウンではなく、5712G(WGのモデル)で採用されているブラックのベルトにしてみました。

ノーマルサイズ:7.6mm(12時側)、11.4mm(6時側)

ショートサイズ:6.7mm(12時側)、10.7mm(6時側) ※実測なので誤差はあります。

約1㎝程度ずつ(12時側の方がより)短くなっているようです。サイズは2番めに小さい穴で、ジャストサイズ。僕は手首の小指側の出っ張り(尺骨茎状突起)が結構あるので、ノーチラスに関しては、それより体側で装着するようにしています。価格は¥28,080と、意外と良心的。

e58699e79c9f-2017-05-14-16-20-57.jpg

バックルの位置も、ほぼセンター

e58699e79c9f-2017-05-14-11-35-11.jpg

 

ブラックといっても、真っ黒というよりはダークグレーで、ステッチはダークグレーですね。ピンクゴールドとブラックの組み合わせは定番ですが、ブラウンと比べてより“いやらしい”雰囲気になり、スポーティーさも増しました。カジュアルにはコチラのほうが合わせやすいのではないか、と思います。

広告

2 Trackbacks / Pingbacks

  1. ノーチラス(5712R)純正アリゲーター、ショートサイズに交換。 – EX WATCH LIFE
  2. このままじゃ時計ベルト乞食に!?ロイヤルオークオフショア アリゲーターベルトXSサイズ。 – EX WATCH LIFE

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。