広告

【レビュー】ロレックス エクスプローラー 214270を再考する。

現行のエクスプローラーは2010年、39mmにサイズアップし登場しました。このモデルですが、僕が2本目に購入した時計でもあります。

ダイアルはマットブラック(114270は艶あり)。インデックスと針はホワイトゴールドで、3・6・9には夜光がない、所謂ブラックアウト。針とインデックスは非常に高級感があり輝きが素敵です。

ケースは904Lスチール製で、ポリッシュ、サテンの仕上げも非常に良いです。前モデルがオメガだっただけに、仕上げは段違いに感じました。

厚さは11mmで、ブレスのフィット感も非常に良く、オールマイティーな一本。

ただ、難点は分針は36mmモデルからの流用で、寸足らずであること。そしてシンプル過ぎるが故に手が伸びなくなり、手放してしまいました。

2016年、そのエクスプローラーがマイナーチェンジしました。

Rolex-4

インデックスにも夜光が入り、もともとは“冒険”をテーマにした時計だけに、マットなダイアルと相まって“道具感”はより増したと言えます。そして特筆すべきは針が十分に長くなったこと。これにより、ほぼ弱点のないモデルになったと思います(36mmがベストと考える方も多いですが)。

ちょうど昨日に正規店にて初めて目にし、その装着感と仕上がりの良さに改めて感動し、物欲も大いに刺激されました。

ただ、購入してもどういう場面で使用するのか、そのイメージが湧きませんでした。パネライ、ロイヤルオークオフショアでカジュアルは十分にカバーされています。スーツにはスチールブレスよりレザーベルトが今の好みです。

時計としての完成度は非常に高く、39mm版エクスプローラーはこれにて完成をみた、と言えると思います。

▶腕時計を売るなら一括査定が便利です。

【人柱レポ】ロレックス グリーンサブマリーナ116610LVを腕時計一括査定で見積もってみた。

高級腕時計の最高額がわかる一括見積り査定

広告

1 Trackback / Pingback

  1. なんか腕が寂しいので、ロレックスを・・・。 – EX WATCH LIFE

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。