広告

【レビュー】パネライの原点。 PAM00380 ラジオミール ブラックシール ロゴ

1936年、パネライの初の試作品がラジオミールでした。いわゆるエキゾチックダイアル。(その復刻が現行モデルで言うとPAM00424にあたります。) つまりラジオミールはパネライの“原点”といえるモデル。今回ぼくが購入したのは、現行パネライモデルで最廉価のPAM00380 ラジオミール ブラックシール ロゴです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このモデルは2011年に追加されたラジオミールの“OPロゴ”モデル。ケースサイズは45mmですが厚みは約11mmに抑えられており、重量も113gのため装着感は軽快で、これならスーツでも着用可能です。また、ワイヤーラグのため44mmルミノールよりも大きさを感じません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▶ムーブメントは手巻き、OP Ⅱでルミノールベースと同じ。このモデルも“チチチ”という(アンクルでガンギ車の歯を受ける)音がかなり大きいです。

▶文字盤はブラックの艶消しに、夜光がのっています(流し込み文字盤)。サンドイッチ文字盤ではないですが、夜光の光り方は他ブランドとは比べ物にならないくらい強力。ちなみにPAM00631などのビンテージ調の夜光は強さが弱いです。針はスチール針に黒い艶消し塗装、こちらにも夜光がのっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▶風防はサファイアクリスタルで、ドーム型とまではいきませんが、やや湾曲しています。

▶ケースは316Lステンレスで、全面ポリッシュです。ケースサイドのエッジもまずまず立っています。リューズは大きく、巻き上げはしやすいですね。この大きなリューズもデザイン的特徴のひとつになっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▶ベルト交換は裏側のネジを外して、ワイヤーラグを取り外して交換します。工具は付属していませんので、僕はベルジョンのドライバー(BE30081)、サイズ1.4を使用しています。

ベルトは26−22mm。ラバーベルトや26−26mmストレートはラジオミールには似合わなそうです。純正ラバーベルトの設定はなく、夏のベルトをどうしようか迷っています。

▶ケースのデザインとしての完成度は非常に高いと思いますが、文字盤のデザインは好みの別れる所でしょう。OPロゴ、スモールセコンドなどパネライとしては“忙しい”デザインです。ただ、国内定価は475,200円で、中古ですと30万円台の固体もあるのでラジオミールを試すには良いと思います。僕はパネライを試してみたくて、この時計を購入しました。もし飽きれば差損もそこまでなく手放せますし。実際に使用してみると、45mmの存在感はあるのに、厚すぎず、着用感もいいのでハマりました。そこからパネライを収集するように。現在のパネライは一時の勢いを失い、中古価格も下落していますが、今後もこの状況はすぐには変わらないでしょう。ただ、購入する側としてはチャンスでもあります。高額モデルも素敵なパネライですが、パネライの真骨頂は、低額モデルの“気楽なオシャレさ”であると僕は思います。

 
▶腕時計を売るなら一括査定が便利です。

【人柱レポ】ロレックス グリーンサブマリーナ116610LVを腕時計一括査定で見積もってみた。

高級腕時計の最高額がわかる一括見積り査定

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。