広告

みんな大好きロレックス!2017年ついに赤シード出たよ!

ついにロレックス2017年モデルが発表されました。 今回の本命は50周年を迎え、それを記念して発売される新しいシードゥエラーでしょう!

Ref:126600と新しい型番。

スクリーンショット 2017-03-22 20.27.20.png43mmに拡大されたケース、サイクロプスレンズ、そしてプロフェッショナルモデルとしては初の新型キャリパー3235を搭載(パワリザーブ70時間は非常に魅力)。そしてペットネームが

43mmというケースサイズは好みが別れるとは思います。しかし、2014年に発表された116600シードゥエラーはサブマリーナとケースサイズが同じ40mmであるため、差別化がはかれず、正規店のショウケースの常連となっている現状を考えれば、サイズアップは致し方ないのでしょう。ディープシーが44mmなので間をとって43mmというのはある意味順当ですね。ディープシーの装着感は他のロレックスモデルに比べれば良くありません。新型シードゥエラーの装着感がどうなるのか、非常に気になります。

ラグはサブマリーナと違ってキュッと絞られた形。ここも高評価となるポイントでしょう。

文字盤はグロス仕上げとあります。116600シードゥエラーは艶を抑えた文字盤ですので、新型はサブマリーナのような艶のある文字盤となるようです。

供給量がそれほど多くないと予想される(実際ディープシーは黒でも正規入荷数としては少ない)ことから考えて、プレミアが付くのは間違いないでしょうね。

116600シードゥエラーはディスコンとなるのか・・・?

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。