広告

【レビュー】2016年 新型 ロレックス デイトナ 116500LN

みんな大好きロレックス デイトナ。2016年に待望のセラクロムベゼル搭載のモデルが登場しました。正規店での入手は非常に難しく、並行店では200万を超えるプレミア価格で販売されています。 そんなモデルの白文字盤を入手しましたのでレビュー。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マイナーチェンジという位置づけで、ケースやブレスは変更ありません。ベゼルは艶のあるセラクロムベゼルで非常に高級感があります。タキメーターの文字は彫り込まれており、プラチナコーティング。これによってベゼルの頑強性は増し、特に小キズには強くなりました。

文字盤が116520と特に違うのはインダイヤルがシルバーからブラックになったことです。これにより白と黒のコントラストが際立つために精悍なイメージ、スポーティーなイメージが強くなりました。116520白はキラキラしてラグジュアリーだとは思いますが、やや“ぼやける”感じがありましたね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

赤の“DAYTONA”が差し色としていいですね。

IMG_4117

サイズは40mmとされていますが、実際のサイズは38mm程度。クロノグラフにしては12.5mmと厚みは抑えられています。そのため非常に装着感はいいです。カジュアルスタイル、そしてスーツでも着用可能です。

▶どうして手放した!?

クロノグラフで38mmは小さいと思います。正直、物足りません。

そしてロレックス全般に言えることですが、その知名度の高さ故に「あーロレックスですか、いいですね」で話が終わってしまう残念感。例えばパネライであれば「それ、どこの時計です?大きいですねー」なんて多少は話が盛り上がったりもします。それにロレックスは“時計好きです感”が薄いですよね。

価格も“高い”です。プレミアで購入したのですが、それであればロイヤルオーク買えますね。比べるものではないのはわかってますが。

僕の中で、この時計の最大の利点は「リセール最強」ということに落ち着きました。

(2017年9月8日追記)猛省!ロレックス デイトナ 116500LN再購入検討。

▶腕時計を売るなら一括査定が便利です。

【人柱レポ】ロレックス グリーンサブマリーナ116610LVを腕時計一括査定で見積もってみた。

高級腕時計の最高額がわかる一括見積り査定

広告

3 Trackbacks / Pingbacks

  1. 猛省!ロレックス デイトナ 116500LN再購入検討。 – EX WATCH LIFE
  2. 30男のデイトナ購入記①-腕時計の適正サイズを考える。 – EX WATCH LIFE
  3. 30男のデイトナ購入記(116503)①-腕時計の適正サイズを考える。 – EX WATCH LIFE

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。